Crime Prevention

駐車場の防犯カメラは必要不可欠|トラブルを防げる

安心に生活するために

車上荒らしのの抑止

駐車場

犯罪の温床となりやすい場所の1つが、駐車場です。
その理由は、泥棒にとって犯罪を犯しやすい環境が整っているせいです。
まず、駐車場は車を利用するときにしか人が行かない場所です。
そのうえ、道路に面していない死角のような場所に駐車場を置いている建物も多くあります。
そして、車内には貴重品が無造作に置かれていることもあり、それが窓から丸見えです。
しかし、常時駐車場に立って監視しているわけにはいきません。
そのため、車上荒らしや不審な人物が接近することを防止する必要があります。
そのために役に立つのが、防犯カメラです。
防犯カメラを駐車場に置くことで、犯罪を予防できます。
家に設置する防犯カメラと違い、場所によっては死角となってしまう可能性があるため、位置を確認しながら設置するようにしましょう。
防犯カメラを第三者から見える位置に置くか見えない位置に置くかは迷いますが、犯罪の予防という観点からは、見える位置に設置した方が良いです。
他にも、人が近づいたらブザーが鳴るように設置することもできます。
しかし、ブザーは故障で音が鳴りやまず周りに迷惑をかけることもあるので、防犯カメラの方が安心です。
自家用車は高級車ではないから防犯対策は必要ないと考える人もいます。
しかし、防犯カメラの設置にかかる費用はそれほど高額ではありません。
自分の家の付近で犯罪が起きるのは、治安においてマイナスです。
安心に生活をするためにも、できる自衛は行うべきです。

効果的な監視の為に

ガードマン

駐車場への防犯カメラの設置台数は年々、増加傾向にあります。
凶悪な犯罪や自動車による事故などが防犯カメラの設置によって解決されたり、解決されない迄も今後の事故や事件の発生の抑止に繋がるケースも増え、個人、団体問わず積極的な導入が増えています。
駐車場への防犯カメラの設置を考える際に重要となるのが設置をするカメラの種類です。
駐車場に設置する事が出来る防犯カメラの種類は多岐に渡っており、リーズナブルな簡易モデルから高性能モデルまで様々にラインナップがされています。
価格を優先しすぎて、結果的にいざという時に効果を発揮出来ないという事にならない様に設置場所や用途に合った防犯カメラを選びましょう。
防犯カメラ選びの際にまず重視をしたいのが最低照度です。
最低照度とはどれ位暗い場所で撮影が行えるかを示す数値となっており、数値が低ければ低い程、暗い場所でも撮影が行えます。
例えば、日中に利用者が多く、夜間の監視は必要無いという場合は最低照度を気にする必要はありませんが、夜間のイタズラ対策をメインとして考えている場合はこの最低照度は非常に重要なポイントとなります。
暗い場所、深夜の時間帯の監視をメインに考えている方は必ずチェックしましょう。
なお、数値だけでは分からないという方は、どの程度の違いがあるかをメーカー側が用意しているデモ機やデモ画像などを活用して確認しておくのが良いでしょう。
この様に効果的な駐車場の防犯の為にも最低照度は必ずチェックするのが賢明です。

最適な種類を選ぼう

防犯カメラ

駐車場などに設置されている防犯カメラには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
種類が非常に豊富なので、設置場所に応じて最適な防犯カメラを選ぶのが重要となります。
まず、形状の違いから見ていくと大きく分けて2つの種類に分別が可能です。
1つは箱型カメラ、そして、もう1つはドーム型カメラとなっています。
前者の箱型カメラは一般的なビデオカメラに近い形状をしており、横長なフォルムが特徴的なカメラです。
箱型カメラの場合、構造上、高性能なレンズやセンサーなどを搭載しやすいので、高機能なモデルが多くなっています。
また、見た目としても防犯カメラらしいフォルムをしているので、威圧感という面においても効果的であると言えるでしょう。
車上荒らしなどが頻発する駐車場などには抑止という意味合いを込めて設置をするというのも1つの手と言えます。
一方のドーム型の防犯カメラは丸みがかったフォルムを採用しており、デザイン性の高い防犯カメラとなっています。
箱型の防犯カメラと比べて威圧感が少ないので、建物の外観のイメージを損ないたく無い方などには最適な防犯カメラと言えるでしょう。
なお、ドーム型の場合、形状上、広角レンズを採用しているので、設置スペースを十分に取れない家庭の駐車場などに最適と言えます。
この様に防犯カメラは形状だけでも違いがあり、それぞれに特徴があります。
駐車場など設置する場所や用途に合わせてしっかりと最適な防犯カメラを選んでいきましょう。

安心に生活するために

駐車場

駐車場は、人の出入りが少ない上に目立たない場所にあることも多いので、車上荒らしなど犯罪が起きやすいエリアです。それを予防するために効果的なのが、防犯カメラを設置することです。カメラがあるだけで、犯罪者にとって抑止になります。

もっと読む

万が一の証拠になります

防犯カメラ

防犯カメラを駐車場に設置する人が増加してきています。設置することで、当て逃げやいたずら、車上荒らしなどのけん制に役立ち、万が一被害にあったときにも加害者側をすぐに割り出す証拠になります。最近では画質の精度が向上してきたことや、比較的手ごろな価格で設置ができます。

もっと読む

設置をする理由とは

カメラ

駐車場への防犯カメラの設置は駐車場内でのトラブル解決やイタズラや犯罪の抑止を目的として個人、法人、団体問わず行われています。低価格化とオプションの充実、更に自治体の補助金などが普及の後押しとなっています。

もっと読む